コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

下山の負荷が軽くなる!?コンプレッションウェアで登山がもっと楽しくなる

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/13

登山を楽しむ場合には装備を充実させる事が重要ですが、その中でもコンプレッションウェアに注目です。着ていると体の動きをサポートしてくれますので、登山で特に膝に負担が掛かりやすい下山の時等にはあるのと無いのでは大きい差になります。そこで今回、コンプレッションウェアの機能や把握しておきたいポイントを紹介します。

そもそもコンプレッションウェアって何?

コンプレッションウェアは、ワコール人間科学研究所の独自のテーピング理論に基づき、1991年に開発されたのが世界初となります。その後、多くのバリエーションが発売される様になり、伸縮性の高い生地を利用し、体に適度な圧力をかける事で運動のサポートや休養時の疲労回復、姿勢矯正や浮腫み予防等色々な目的に使われる様になりました。

運動中や運動後等、トレーニングのサポートして使われる事が多いですが、最近は日常生活の中で使えるタイプの物も多くなっています。興味が出た場合には、主目的から外れない物を選ぶ事が何よりも重要です。

そして、コンプレッションウェアの効果は勿論登山でも有意義となります。年を取ると足腰が弱くなって膝に問題を抱えてしまう事も多く、登山でも特に下山の時には大きな痛手になってしまう事も少なくありません。負担軽減の為にテーピングをするというのも1つですが、上手にテーピングをするのにはコツや、ある程度の時間が必須となります。

ですが、コンプレッションウェアでしたら、最初からテーピング効果がありますので、着ているだけで怪我や故障の悪化の予防が出来ます。痛みが無い分だけ、スタミナの温存も出来ますし、根本的なパフォーマンスを向上させてくれますので、翌日の疲労も全く変わります。季節によって保温や冷感を齎してくれる等、気候対策がしてある物も多いので登山を楽しむ場合には、幾つか種類を見繕っておくのも悪くありません。

コンプレッションウェアはどう選んだら良い?

コンプレッションウェアを選ぶ場合には「運動パフォーマンス向上」「コンディションの調整及び運動後の疲労回復」「怪我の予防とテーピング」の3つをテーマにして考える方法があります。運動パフォーマンス向上の場合は、姿勢矯正機能が強い物を選ぶのがポイントです。

スポーツの時の各種身体動作をフォローしてくれる効果があり、体幹を整えて体のバランスを整えてくれたりもします。登山の際の疲労を軽くしたい場合には、特にお勧め出来ます。数日掛けた長い道程の登山に挑戦するとか、翌日に筋肉痛になりたくない様な時には大きいメリットがあります。

疲労回復やコンディションの調整に合ったコンプレッションウェアが欲しい時には部分着圧タイプの物を選ぶのも1つです。これは体の部位によって、着圧の度合が違い血行を適度に促進してくれます。疲労が増加してしまうと、筋肉が振動してしまいますがそれを防ぎ、ベストの状態を維持してくれますので、乳酸の筋肉への蓄積が抑制され、結果としてより早く体力が回復します。

登山で数日掛ける様なタイプの物に参加する場合は、必要に応じてコンプレッションウェアを複数枚持って行き、休憩前にはこれに着替えるのも悪くありません。既に故障があったり、悪化が心配な様な時には部位をピンポイントで選んで、運動中にかかる負担を最小にしてくれるサポートタイプがベストです。筋肉の位置を常に正確な位置にしてくれますので、特に膝等の場合は、捻った拍子に壊してしまう様な問題がだいぶ軽くなります。

コンプレッションウェアに全身用や部分用等区分けはある?

全身用に上半身用、下半身用から部分用まで多くのバリエーションが揃っています。上半身用では長袖、七分袖から半袖まで全て揃っており、下半身用に付いても、ハーフ型からロング型まで、一般的なトレーニングウェアで見られる物は全てあると考えて構いません。

ちなみに、用途別に見るならば、上半身の方は肩甲骨や広背筋、腹斜筋をサポートする物が多く、ランニング等のフォーム改造をする人等が選択する事が多いです。下半身用の物は、タイツ型の物が多くて膝や股関節、腰を助けてくれる機能がある物が主流になります。

マラソンやトライアスロン等、下半身に負担が長時間加わる事を想定しており、登山も守備範囲内になっている事がポイントです。全身用の物は全身を一定の圧力で締め上げる事で、ブレを無くし瞬発力を高める為の物で瞬発力が欲しい陸上競技等でサポート用品に良く選ばれます。

それぞれの体の部位に合わせるコンプレッションウェアの中でも、全身用は特に着圧力が強い物が多く、オンラインで購入すると使い勝手が悪い物を選んでしまう場合も少なく無いので、出来るだけ実店舗に出向いて試着してからの購入をした方が確実です。

値段については、機能性や通気性、伸縮性と着圧、着用範囲等の有無での違いもありますが、安い物だと2,000円程度で、高くなれば10,000円以上の物も珍しくありません。比較的高めの金額設定になっている物も多いですが、まずは、設定する登山に合わせた最適のサポートアイテムになる物を選択する事をお勧めします。

 

パフォーマンスを向上させてくれたり、怪我の予防や疲労回復等の面でコンプレッションウェアは非常に良いメリットがあります。多くの種類がありますので、自分の登山のサポートに最適な物を選ぶ事をお勧めします。場合によったら、複数揃えて状況によって着替えるのも1つの選択です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧