コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

どんなシーンで着られるのかチェックしてみよう!

公開日:2020/01/24  最終更新日:2020/01/31

ここでは、コンプレッションウェアをどんな場面で着用するかを、「スポーツ」・「トレーニング」・「日常生活」の3つに分けてご紹介します。

スポーツ(初心者~競技者)

コンプレッションウェアを着る場面で特に多いのは、スポーツかと思います。どのスポーツするかはもちろんですが、レベル段階、練習内容や回数などによっても、どんなコンプレッションウェアがあるかが異なってきます。

ここで気をつけていただきたいのが、「スポーツ初心者だから安いものを使えばいい」という考えは間違いだということです。

安価な製品には筋肉のサポートおよび疲労軽減効果をあまり発揮しないものが比較的多い傾向にあります。それゆえに最初に購入するコンプレッションウェアを安価なものにすると、その効果を感じられない、あるいは満足できないという結果になりかねません。

それどころか、ひょっとすると「コンプレッションウェアに意味なんてあるのかな?」という思考に陥ってしまうかもしれません。

しかしながら、やや高価な製品になると、コンプレッションウェアとしての効果をしっかり感じることができ、パフォーマンス向上に期待ができます。事実、サブ4を走るランナーである私も比較的高価なコンプレッションウェアを愛用しており、確かな効果を感じているのはもちろん、今やなくてはならない存在でもあります。

私の経験から言えるのは、「コンプレッションウェアは多少値段が高くとも機能性を重視するべき」ということです。高価なものには筋肉のサポート・疲労軽減・パフォーマンス向上など機能性がしっかりしているほか、伸縮性・着心地・フィット感に優れている製品が多く、より快適にスポーツすることが可能です。

これはスポーツ上級者やプロスポーツ選手に限った話ではありません。むしろスポーツ初心者で初めてコンプレッションウェアを購入する方こそ、最初にきちんとした製品を使用することをおすすめします。

高価なブランドとして挙げられるのは、SKINS(スキンズ)・CW-X(シーダブリューエックス)・2XU(ツータイムズユー)などがあり、特におすすめなのは軽量さとパワフルさを兼ね備えた2XU(ツータイムズユー)です。これらのブランドは少々値段が張りますが、質の高さが格段に上がっており、着圧設計や機能も細かく計算されています。

トレーニング

コンプレッションウェアは、ランニングや筋トレなどのトレーニング時にも活用されます。使用される種類は、トレーニング内容や目的に応じて、用意されているコンプレッションウェアも異なります。

例えばランニングなどの場合は、足の動きを邪魔しない素材及びデザインの製品が用意されています。ボトムスにはハーフ丈のコンプレッションウェアやタイツタイプのコンプレッションウェアが販売されており、こちらは運動時の筋肉の振動を抑えてくれるものになっています。

加えて、軽いランニングを行う人に向けた、タイツタイプではなくレギンスタイプも販売されています。

ランニング以外にも、ヨガなどの身体を伸ばしながら動かす運動に使える、スポーツブラやカップ付きトップスも用意されています。ボトムスに関しても、伸縮性が特に高いタイプのレギンスもあるようです。

他にも、上半身用のトップスは春夏用だと吸水性と速乾性に優れたウェアがあったり、秋冬用だと防寒機能に優れたウインドブレーカータイプやナイロンパーカータイプもあるようですね。またトレーニング種類に応じて、カーフタイツ(ふくらはぎ用のウェア)、アームカバーなどもあります。

日常生活で使う

コンプレッションウェアは一見、スポーツやトレーニングの場合のみ使用すると思われがちですが、日常生活でのコンプレッションインナーとしても使用できます。日常生活や仕事の際に活用するコンプレッションインナーは、主にむくみの改善・疲労感の軽減などを主な目的として、使用されます。

使用することのメリットも多くあり、軽い運動をしても、筋肉痛になりにくかったり、仕事中で長時間外回りで歩いたりデスクで1日中仕事をしていても「むくみを感じにくい」「身体の疲労感が軽くなる」などが挙げられます。

また、身体の疲労感軽減やむくみ防止以外にも、季節ごとの気温対策ができるコンプレッションインナーもあるようですね。種類も発熱・保温作用があり、外での防寒対策ができる秋冬用のコンプレッションインナーと、吸汗作用があり冷感仕様の作りになっている春夏用のコンプレッションインナーで分かれているようです。

もちろん、一年中使用できるコンプレッションインナーもあり、こちらも体温調整や暑さや寒さによる不快感を減らしてくれます。

このようにコンプレッションインナーを使用することで、体感温度の調整も可能になるため、外でも室内でも快適に過ごすことができるようになるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。コンディションウェアは場面に応じて、幅広く使用が可能です。ぜひ活用してみてください!

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧