コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

CW-X(シーダブリューエックス)のインナーとは?人気おすすめアイテムを比較!

公開日:2020/11/20  

トップアスリートやスポーツ愛好家からも愛されるCW-Xの人気の裏側には、体の構造と素材や機能を研究し開発された独自のテーピング原理や技術が隠されています。そんなCW-Xのインナーにはどんな機能性があるのでしょうか。今回はCW-Xのインナーの特徴とこだわりの設計をご紹介します。他製品との比較や着用シーンの参考としてみてください。

セカンドボディ

セカンドボディは、CW-Xのベーシックタイプの着圧インナーです。体の部位ごとに動きを計算した着圧設計がされており、 CW-Xの中ではストレッチ機能が高く動きやすいことが特徴です。程よいフィット感で体の機能をサポートしながら、体に適度な圧がかかることで血行が促進され負担が軽減されます。

伸縮性に優れた素材は程よい着圧感を感じながらも、体の動きを妨げない動きやすさが追求されていることから、あらゆるスポーツ場面において使用しやすいタイプです。セカンドボディの特徴は以下のような点があります。

・吸汗速乾機能・UVカット(90%以上)
・ストレッチ機能
・素材(ナイロン70%、ポリウレタン30%)

吸汗速乾は汗による不快感をなくし、スポーツ時のストレスを軽減してくれます。また、ストレッチが効いた素材で身体機能をサポートするため、運動機能の向上にも役立つでしょう。

ジュウリュウトップ(メッシュタイプ)

CW-Xの中でもジュウリュウトップはテーピング原理をもとにした設計で、肩甲骨、広背筋、腹斜筋の動きをサポートするつくりになっています。さらに、メッシュタイプはメッシュ素材を全体に使用しているため通気性がよく快適に着用できます。とくに脇切り替え部分は大穴メッシュ構造がされており、通気性のよさを実感できるでしょう。

テーピング原理をもとにした設計によって体の軸を安定させ、肩周りの可動域を広げるサポートをしてくれるので、疲れにくく、特に肩周りを動かすスポーツに最適です。ジュウリュウトップ(メッシュタイプ)の特徴は以下のような点があります。

・吸汗速乾機能・UVカット(90%以上)
・ストレッチ機能・抗菌防臭機能
・素材(本体:ポリステル85%、ポリウレタン15% あて布:ナイロン80%、ポリウレタン20% 脇部:ポリエステル90%、ポリウレタン10%)

吸汗速乾はもちろん、ストレッチ機能、抗菌防臭機能はもはやスポーツをする人にとって欠かせません。肩周りを大きく動かしたり、汗をかいたりする激しいスポーツ時にも最適です。

ジュウリュウトップ(ホットタイプ)

ジュウリュウトップ(ホットタイプ)は、裏毛に似たインレー素材に微起毛をかけ、保温性を増強したインナーです。メッシュタイプと同様にテーピング原理をもとにした設計によって肩甲骨、広背筋、腹斜筋のサポートが入っており、特に保温性が求められる屋外でのスポーツ時に最適です。ジュウリュウトップ(ホットタイプ)の特徴は以下の通りです。

・吸汗速乾機能
・UVカット(90%以上)
・ストレッチ機能
・抗菌防臭機能・保温機能・素材(本体:ポリエステル95%、ポリウレタン5% あて布:ナイロン80%、ポリウレタン20%)

保温性に優れた素材を使用しつつも吸汗速乾・ストレッチ機能も満足できるつくりとなっていて、ジュウリュウトップ(ホットタイプ)はスキーやスノーボード、ゴルフ、球技など保温性が求められるシーンや上半身を使うスポーツに最適なインナーです。

 

今回の記事では、CW-X(シーダブリュエックス)のインナーについて人気のおすすめアイテムをご紹介しました。同じCW-Xのインナーでも素材やつくりが異なるので、それぞれの特性を理解することで最適なシーンで活用できます。

独自の技術で研究開発された製品なので、最適なシーンで活用することでパフォーマンス能力を高め、疲労軽減やストレス軽減にもつながります。スポーツをする人にとって嬉しい機能の詰まったCW-Xのインナーは、それぞれの特性を活かし、用途に合わせて着用することで機能性を発揮してくれます。ぜひ、活用シーンに合わせて、最適なインナーを選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧