コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

ドライバー必見|長距離運転はコンプレッションウェア着用で疲れにくい!?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/03/13

コンプレッションウェアは、スポーツを目的とする人向けに開発されました。ですがその機能や性能からスポーツの域を超えて作業服やワークウェアとしても注目されています。 コンプレッションウェアを着用すると疲れにくいので、長距離運転にも向いているという話もありますが、それは本当なのでしょうか。

コンプレッションウェアとその特徴

コンプレッションウェアのコンプレッションには圧迫という意味があります。名前の通り最大の特徴は適度に身体を包み込み、全身の筋肉を快適にサポートする点にあります。筋肉に適度に圧力をかけるためコンプレッションウェアは伸縮性に富み、着用する前はひと回りほど小さく見えます。

通常コンプレッションウェアはインナーとして着用しますが、上半身に着用するタイプだけではありません。下半身・膝下・ロングタイツタイプ・ソックスなど種類に富み、ケース・バイ・ケースで使い分けることが可能です。コンプレッションウェアの目的は、着用することで運動機能を高めたり、筋肉にかかる力を分散したりなど運動支援を行うことです。

ですが最近ではさまざまな機能を搭載した製品が市販されるようになり、中には筋肉だけでなく、関節への衝撃を緩和したり、通気性や抗菌作用、保温機能を搭載したもの、瞬発力を高めるものなど多岐にわたります。

これだけ特徴が多岐にわたると、運動以外でも使い道が出てきて、作業着やワークウェアとして利用されるのも自然なことだと考えられます。さまざまなタイプが市販されていますので、どれを選んだら良いか迷う人も少なくありません。

着用することで解消したい問題や悩みを明確にし、自分にとって必要な機能を揃えたものを選ぶことが失敗を避けるためのポイントと言えるでしょう。

長距離運転に効果があると言われるのはなぜか

コンプレッションウェアは、着用することで無駄な筋肉の動きをおさえる働きがありますが、それが疲労回復につながるとされています。この特徴がきっかけとなり、作業服に利用できないかと注目されたわけですが、筋肉の疲労軽減と回復は、多くの作業現場で求められている機能でもあります。

例えば建設現場では、資材など重いものを運んだり、固定するなど、さまざまな動作で筋肉に負担をかけます。宅配の長距離ドライバーも、重い荷物を持ちながら階段を昇ったりする動作を、1日に何度も繰り返します。

さらに長時間車を運転することは足や腰に大きな負担をかけることにつながります。毎日の仕事がこの動作の繰り返しであれば、筋肉の疲労は自然に蓄積され、その日に疲れを取り除くことは難しくなります。疲れが取れないとやがて仕事にも支障をきたすことになるでしょう。

コンプレッションウェアを着用して筋肉の疲労回復を調べたある研究では、着用しながら運動した人は、そうでない人よりも筋肉疲労がおさえられたという結果が出ました。効果には個人差があると考えられますが、少なくともコンプレッションウェアには疲労を軽減する働きがあると考えられます。

長距離運転を仕事とするドライバーは、筋肉が疲れやすいと言えます。着用するだけなら車の運転にも支障ありませんので、仕事中も無理なく身につけられます。この特徴から長距離運転ドライバーにおすすめできるアイテムと言えるでしょう。

コンプレッションウェアを長距離運転で着用するメリット

コンプレッションウェアには、筋肉疲労を和らげたり、疲労を回復する効果があると言われています。運転を長時間続けていると、足が疲れたり、痛くなったりしますが、それは筋肉が疲れているサインです。

コンプレッションウェアを着用することで、そうした足の不快感が和らぐ効果が期待できます。仕事上思うように休憩が取れない場合でも身につけているだけで対策ができるので、長距離ドライバーにとっては便利なアイテムとなるでしょう。

暑さや寒さも身体の疲労に影響を与えます。暑さが厳しい日が続く中、長期間外にいると疲れやすくなります。気温が下がり寒さを感じると、身体に力が入りやすく、血液の流れも悪くなります。そうすると筋肉が固くなり疲労の原因につながります。

コンプレッションウェアには、夏快適に過ごせるように通気性や吸汗性の高いものや、保温・保湿機能を高め寒い日に備えたものがあります。季節にあわせて選ぶとより疲労軽減につながることが期待できます。

ドライバーは長い距離を運転する上、異なる気候の地域を移動することもあります。建物の外や中を頻繁に往復する場合も珍しくなく、外気と室内の温度差が体調に影響を与えることも考えられます。さまざまなサポート機能を備えたコンプレッションウェアが作業現場だった場合、こうした仕事上の健康問題を避けることができるのではないでしょうか。

 

コンプレッションウェアにはいくつか特徴がありますが、疲労を軽減したり回復効果が期待できるため、長距離運転に向いていることがわかりました。実際に着用してみないと、はっきりとした効果はわからないかもしれませんが、運転で足のだるさや疲れが気になっているのなら、着用を検討してみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧