コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

CW-X(シーダブリューエックス)は、株式会社ワコールが展開するコンプレッションウェアブランドです。スポーツ用トップスからアウターに加えて、品質や機能性を兼ね備えたスポーツ用タイツとアンダーウェアに、特に強みを持っています。

ワコールが培ってきた技術力とテーピング理論を組み合わせて開発された本格派のコンプレッションウェアとして、とても高いクオリティを誇ります。スポーツを本格的に取り組みたい人に特におすすめです。

本社所在地 〒601-8530 京都府京都市南区吉祥院中島町29
資本金 5,000百万円
設立 2005(平成17)年10月1日
業種 繊維製品製造業
業務内容 インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア及びリトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品および関連製品の製造、卸売販売および一部製品の消費者への直接販売
従業員数 4,822人(単体)※2020年3月末現在
代表取締役会長 安原弘展
代表取締役社長執行役員 伊東知康
おすすめポイント安定性・保護力・動きやすさを兼ね備えたウェアを展開。

CW-X(シーダブリューエックス)とはどんなブランドなの?

CW-Xの画像2

ここでは、CW-X(シーダブリューエックス)の特徴について、ご紹介します。

CW-X(シーダブリューエックス)の特徴

CW-X(シーダブリューエックス)とは、ワコール人間科学研究所の技術とテーピング理論から開発されたコンプレッションウェアです。男性用・女性用を取り扱っており、特にスポーツタイツやスポーツ用のアンダーウェアの種類を、多く取り揃えているのが特徴です。

1991年に日本国内にてブランドが誕生して以来、世界的に有名なトップアスリートにも愛用されています。

CW-X(シーダブリューエックス)が誕生したきっかけは?

CW-X(シーダブリューエックス)が生まれたのは、「テーピング理論をタイツに組み込んで、スポーツ用のタイツができないか」という発想から開発が始まりました。ワコール人間科学研究所の「ガードルの技術」で培った技術力とテーピング理論の組み合わせで、スポーツタイツを開発したのです。

現在では、ワコール全体で保有している技術力や素材開発力を活かして、スポーツタイツ以外のアイテムを多数開発しています。

アメリカにも販売拠点を広げています!

CW-X(シーダブリューエックス)は、日本国内だけでなくアメリカでも販売されています。アメリカでワコール商品を販売する、ワコールアメリカが販売を行っています。

日本版のCW-X(シーダブリューエックス)とはサイズ展開なども異なっていますが、ウェア自体の使いやすさや機能性の高さも加わって使用感については好評なようです。

CW-X(シーダブリューエックス)のコンプレッションウェアについて

CW-Xの画像3

ここでは、CW-X(シーダブリューエックス)のコンプレッションウェアについて、ご紹介します。

スポーツ用アンダーウェアにこだわりがある!

CW-X(シーダブリューエックス)はスポーツ用トップスはもちろんのこと、スポーツタイツやスポーツ用アンダーウェアも多く取り扱っています。どのウェアも激しい動きから身体を守ったり、動きやすさを向上させるなど、かなり高機能と言える製品になっています。

スポーツタイツ

CW-X(シーダブリューエックス)のスポーツタイツは、股関節をペースに下半身を安定させることを重点に置いているのが特徴。独自の「テーピング理論」を元に設計されているため、股関節~ふくらはぎまでの部分を重点にしっかりサポートしてくれます。

また、モデルシリーズは5つ展開しています。具体的に挙げると、腰・股関節・腹圧・ふくらはぎまでをカバーし、マラソンでの記録更新を目標にしているランナー向けに開発した「スピードモデル」。

体幹を支えるのに重要な筋肉までしっかりサポートし、スポーツ時に多い動作で筋肉が摩耗するのを防ぐ「ジェネレーターモデル」。長距離走などの負荷が大きいスポーツ時の筋肉疲労を減らす「スタビリクスモデル」。

スポーツ時の筋肉疲労を減らし、膝から衝撃から守る「エキスパートモデル」。皮膚の伸縮を考慮した、エクササイズや日常の運動用に使用できる「CW-X(シーダブリューエックス)スタイルフリーボトム」があります。

また、スピードモデル以外は段階着圧機能が設計されています。

スポーツブラ

CW-X(シーダブリューエックス)のスポーツブラは、スポーツごとに異なる動きを把握し製品を開発しています。毎年約1,000人の女性、過去含めて40,000人以上の女性の測定を実施。

女性の身体のサイズデータを取得・研究に活用してきた実績に基づき、スポーツ時の「ユレる・ズレる・ムレる」の悩みを解消する製品を展開しています。

また、モデルシリーズは3つ展開しています。走ったり跳んだりするスポーツ時に最適な、5つの方向をサポートしユレを分散させる「ラン」・踊ったりひねったりするエクササイズ時に最適な、あらゆる動きで起こるズレを軽減させる「フィットネス」・ウォーキングなどの長時間歩行やサイクリングに最適な、上下のユレを抑える「トレック」を展開しています。

スポーツ用だけでなく普段の生活でも使用する人も多いほど、着心地が良く締め付け感がなく快適に使えるそうです。

ヨガ用コンプレッションウェア、アンダーウェアも販売!

CW-Xの画像4

ここでは、CW-X(シーダブリューエックス)のヨガウェアやスポーツショーツについて、ご紹介します。

ヨガ用のウェアも販売!

CW-X(シーダブリューエックス)では、「人生を美しくする時間」をコンセプトに開発された”CW-X(シーダブリューエックス)YOGA”も展開しています。ヨガ用のコンプレッションウェアとして、動いてもずれにくく、締め付け感のない着用感が特徴の”YOGA BRA”とどのポーズも動かしやすくなる、テーピング理論を活用した高機能で快適な”YOGA TIGHTS”を用意しています。

”YOGA BRA”と”YOGA TIGHTS”はどちらも、ヨガの動きの際に気になるズレや動きにくさを解消し、快適にヨガができるようになるウェアシリーズとなっています。またカラーバリエーションやデザインも充実しているため、自身の好みに合った製品を選びやすいです。

スポーツショーツも充実!

CW-X(シーダブリューエックス)では、スポーツ用のアンダーウェアとしてスポーツショーツも展開しています。男性用と女子用両方取り扱っており、立体ギャザー構造が施されていたり、股関節を重点的に支えるタイプが用意されていたり、アウターに響きにくい設計になっているなど、高機能なスポーツ用ショーツとして販売されています。

製品によっては、スポーツ用だけでなく日常用でも使いやすいものもあるようですね。

CW-Xの画像

CW-X(シーダブリューエックス)

安定性・保護力・動きやすさを兼ね備えたウェアを展開。

公式サイトで詳細を見る

CW-X(シーダブリューエックス)のまとめ

いかがでしたか。ここではCW-X(シーダブリューエックス)の特徴、下半身用コンプレッションウェア及びスポーツ用アンダーウェア、ヨガ用ウェアについてご紹介しました。

CW-X(シーダブリューエックス)のコンプレッションウェアは、スポーツ用タイツやスポーツ用アンダーウェアなど、下半身の動きを快適にする機能が詰まった製品が多いのが特徴です。また、どの製品も設計にこだわりがあり、公式サイトのレビューを見ると「とても着心地が良く、使いやすい。」・「機能も良く、着心地も良いので嬉しい。」などの声が多くありました。

どの製品も少々高価ではありますが、コンプレッションウェアを変えてみようか悩んでいる人、下半身を安定させてパフォーマンス向上を目指したい人には、特におすすめです。

もし、CW-X(シーダブリューエックス)でコンプレッションウェアを購入したいと思ったら、公式サイトで製品をチェックしてみて下さいね!

SNSなど口コミや評判

この投稿をInstagramで見る

#Repost @ikue_dailyblue with @get_repost ・・・ 調子が戻ってきた🤠⚡️ ▫︎ 心臓カテーテル術後、 脈が安定せず しょっちゅう頻脈で😣 ▫︎ 胸にピョン吉がいるみたい 👕🐸💥 ▫︎ しんどかったけど 少し速くなってきた❓ 暑さがゆるんだせいかもしれない🎐 ▫︎ はやく速くなりたいけど 変化のある自分の体調も そんなに悪くありません💖 調子良いと、 とってもご機嫌〜😚🎵 ▫︎ ユーザーネームを変えました。 名前と海を連想するフレーズ を入れたかったの💙✨ あれれ❓と思った方、 ごめんちゃ🙏🏻💓 登録し直していただく必要は ありません🙆🏼‍♀️旧:lecheflan198 よろしくお願いします🙇🏼‍♀️🤲🏻✨ ▫︎ 台風の被害がどうなってるのか とても心配です😞 被災地の方々のご無事を 遠い空からお祈りします。 ▫︎ #ベイサイドランナー #海を走る#走るひと #海のある生活#海辺 #リゾート#夏が好き #ランニングウェア#ロカボ #igランナーズ#ランニング記録 #ハシリマスタグラム#ランスタグラム #ボディメイク#ランニング女子 #カメラ女子#スマホ写真部 #人物写真#ポートレート女子 #糖質制限#心房中隔欠損症 #ガーミン235j#puma’s 🐆 #GELKAYANO#CWX #RUNNINGstyle #iPhoneography #runstagram #asicsrunning

cw-x.jp(@cwx.jp)がシェアした投稿 –

過剰な加圧でなく穿きやすい。不安を抱えていた膝をサポートしてくれ助かっています

通常着用サイズがMなのでLサイズは大きすぎるかと思いきや、着けてみると緩すぎることはありませんでした。
ただ、サイズが大きめなことを差し引いても加圧はコンプレッションウェアとしては強くないほうかと感じます。しかし私にはそれが良かった!
これまでコンプレッションウェアは幾つか試しましたがどれもやたら締め付けるだけで着用感が不自然で長時間着ていることは出来ませんでした。ですが、これは違う。着けている方が体を動かしやすく脚の踏み出しが軽いと感じたのはCW-Xが初めてです。

激しいスポーツはしませんがウォーキングとエアロバイクでのトレーニングをしていて、最近はウィルス感染予防のためにも室内でエアロバイクを漕ぐ時間のほうが増えました。
CW-Xのショートタイプを試して腰がかなり楽になったこともあり、ロングタイツにも期待していましたが、こちらは長時間の運動は不安のあった膝をサポートしてくれ更に快適。エアロバイクではこちらばかり穿いています。
長く漕いでも膝がパキパキ言い出すことも痛くなることもなく、タブレットで景色を見ながらバーチャルサイクリングを楽しんでいます。これまでは苦行のように漕いでいたのですが楽しくなり、もうこれなしではいられない体になってしまいました。
着用感の良さはさすがのワコール。厚手なのにメッシュがしっかりと湿気や熱を排出してくれて暑苦しさがありません。速乾で型くずれもなく扱いやすさもいいですが、もう一着ほしいと思っても気安く手を伸ばせない価格だけが悩ましいですね。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

意外に締め付けは穏やか

蒸れにくいと言いながら蒸れるんだろうな…と思いつつ使用してみましたが、蒸れは余り感じませんし、見た目ほど熱がこもるようなことはありません。
ダップリと汗をかくようなスポーツは別でしょうが、適度な発汗をするスポーツですとそれほど蒸れは感じませんでした。

シットリとしていながら、さらりとした肌触りで着心地はかなり良いです。
体型にもよるのでしょうが、締め付けはそれほどでもありませんが、シッカリと締め付けてくれています。
余り締め付けがきついと長時間の装着が辛くなるので、当方には適度な締め付けで良かったです。
良く伸び縮みするので装着しても動きやすく、スポーツの際に着用するにはうってつけです。
膝への負担も軽減できているようなので、その辺に問題を抱えている人にもオススメできます。

熱や塩素はダメとのことですが、通常の水道水を使用しての洗濯はそれほど問題が無いようです。
ちょいとお値段はしますが、値段値の性能を感じました。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

疲れを全く感じない!

スポーツ用品店よりも断然お安く購入できました★
まだ使っていないので再レビューしますね。
登山とrunが楽しみです★
【追記:使用後】
runに初めて使用。
膝痛が全くなく、走っている時も快適、走った後も痛みなく、足がスッキリ疲れを全く感じませんでした!
初めてのサポタイですが、こんなに効果を感じるとは!
これからも使うのが楽しみです。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/

サイト内検索
記事一覧

コンプレッションウェアブランドランキング!

商品画像12345
商品名2XU
ツータイムズユー
NIKE
ナイキ
CW-X
シーダブリューエックス
UNDER ARMOUR
アンダーアーマー
C3fit
シースリーフィット
特徴トップアスリートから箱根駅伝ランナーまで愛用。独自開発の生地でトップを走るブランド。
価格帯が広く様々な層に人気な世界的有名ブランドのウェア。
安定性・保護力・動きやすさを兼ね備えたウェアを展開。快適さと動きやすさにこだわった製品を多数展開運動機能を着るウェアで、コンディションが良くなる!
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら