コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

絶対焼かない!コンプレッションウェアが日焼け対策に最強な理由

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/03/13

夏は絶対に焼きたくないと決意していても、実際にはどんな対策を心掛けておくべきなのか分からないものです。日焼け止めを毎日塗ってみたり、UVカット効果のある化粧品を使用してみたりと、日々努力をしている方は多いと思います。そこで今回は日焼け対策に有効な優れたコンプレッションウェアの機能を紹介していきます。

長時間日光にさらされていても体をガードしてくれる

夏の時期は日光が長時間照らされた状態になるため、暑いからといって薄着のまま過ごしてしまう人が多いです。しかし、肌を直接日光にさらした状態のままにしておくと紫外線の影響を直に受けてダメージをおってしまうこともあるでしょう。

そんな時はコンプレッションウェアを着用することで、日光から自分の体を守る働きを高めてくれます。1年の中で6月~8月の間は特に紫外線が多くなる時期とされているため、できるだけ肌を露出させずに日焼け対策を万全にしておく必要があるからです。

紫外線と聞くと美容に悪いというイメージが先行しやすいですが、実は日光に長時間さらされていると体に大きな負担となることが分かってきました。天気が良いからと外でジョギングしたり軽い運動をする程度なら問題ないですが、何時間も体を動かし続けるような行為を繰り返していると、やがて紫外線が肌内部をどんどん痛めつけ、内側から重たいと感じるような疲労感を引き起こす原因になってしまいます。

日焼けを繰り返すことは人体にとって大きなストレスになるため、放置したままにしておくと様々な不調を引き起こす原因にもなりかねません。そうならないためにも、コンプレッションウェアを正しく着用して、大切な肌を日光から守ってあげることが重要になってきます。外で気持ちよく運動を行いたい、快適な環境で仕事がしたい、そんな方にはぜひ着用することをおすすめします。

日焼け対策にはポリエステル素材が効果的

紫外線から肌を守る為に日焼け止めをこまめに塗っている方が多いと思いますが、日焼け止めに含まれている成分には肌に刺激となるような成分まで含まれている場合があります。実際使用してから肌トラブルを引き起こしてしまったと悩む方は多く、どうしたらもっと手軽に日焼け対策ができるのかと疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで重要となるのがポリエステル素材を使用して作られたコンプレッションウェアの着用です。衣料品にはUVカット機能が施された製品が数多く存在していますが、ポリエステルの素材にはもともと紫外線を吸収する効果があると言われています。

紫外線対策するためにあらゆる製品を購入している方には、まず始めにどんな素材が使用されている製品であるかを見るように習慣付け、できるだけポリエステルを多く含んでいる生地を使った衣服を着用するようにしましょう。ポリエステルの素材は汗を吸収する効果が弱いとして好まない方も多いですが、近年の技術を駆使したコンプレッションウェアでは、UVカットの他にも吸汗速乾加工が施された製品が数多く作られています。

日光に照らされ続けると汗を掻く頻度も増えてくるため、素早く吸収して蒸発させてくれる機能が備わっていれば、長時間快適な着心地を実感することができるのでおすすめです。衣服を選ぶ際にはポリエステル素材であるかを見極めることが、効率的で有能な日焼け対策への第一歩となるでしょう。

接触冷感素材を使用した製品で快適さを実感

気温が高い時期は少しでも汗を掻かない服装が好ましいと思い、半袖のシャツやタンクトップ・キャミソールなど薄着で過ごしている方が多いでしょう。長袖を着用すると体に密着し過ぎて暑苦しいと感じ嫌がるケースが目立ちますが、コンプレッションウェアならそんな不快な思いを感じることなく着る事ができるのでおすすめできます。

なぜなら、接触冷感素材を使用した熱伝導性が高い生地を採用しているので、肌に衣服が触れた時に奪われる熱量が多くなり、ひんやりとした気持ちいい感触を感じることができるからです。暑い時期に長袖を着ることに抵抗を感じている方でも、この接触冷感素材を使用したコンプレッションウェアなら、紫外線対策の他に暑さ対策としても使用することができるでしょう。

そして、ウェアを選ぶ際には機能性だけに注目するのではなく、縫製方法にも着目するようにしてみてください。その理由には縫い代が分厚くて硬い製品を購入してしまうと長時間使用している間にツッパリ感や軽い痛みを感じる場合が考えられるからです。一番快適で心地よい着用感を実感するためにはフラットロックシームと呼ばれる縫製で作られたコンプレッションウェアを選ぶようにしましょう。

この縫製は厚みを極限まで薄くして作られているため、肌に触れても不快感がなくストレスを感じることもありません。また、体にフィットした作りが多いコンプレッションウェアであっても、この縫製仕様なら長時間着用していても快適でいられます。

 

コンプレッションウェアには様々な機能性を兼ね備えた製品が数多く販売されています。長袖は着用したくないと諦めてしまう前に、どんな素材を使用しているのかしっかりと見極めることが重要です。日焼けは肌と体に大きなダメージをあたえてしまうので、ウェアを上手に活用しながら快適な日常を送れるようにしていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧