コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

コンプレッションウェアとリカバリーウェアは別物!?違いを解説

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/13

毎日の健康状態を図るうえで、起床した時に体が重いと感じるかどうかが判断基準になります。もし体が重いと感じるときには、本来就寝中に消失しているはずの疲労物質が残っていることを意味するのです。その予防方法の一つとして、近年利用者数が増えているのがリカバリーウェアです。

リカバリーウェアは休養を目的とした普段着

リカバリーウェアというのは、就寝中や日常生活において無意識に行っている動作が原因で蓄積する疲労の負担軽減を目的として作られたウェアです。人間は動くときに、軽い動作であっても筋肉に対して衝撃を加えているのでダメージが蓄積するのです。

ただダメージが蓄積しても、脳から疲労物質を分解する成分が送られることで回復するのが通常になります。朝起きた時に体が重いと感じる場合は、自身では気づかないレベルで無理な動作を続けたことでダメージ量が増えていたのです。

さらに就寝中に来ている服が合わないことによって、回復を促すはずの就寝中にストレスがかかることで快適な睡眠が出来ずに残ってしまいます。この無駄な動作で生じたダメージを軽減するために開発されたのがリカバリーウェアです。

リカバリーウェアは天然繊維のメリノウールやポリウレタンそして特殊な素材PHTを使い、さらにハニカム構造やダブル編みなどの高度な技術を使って織り上げています。リカバリーウェアを普段着として着用することによって、疲労原因の一つとしてあげられる、体に合わない衣服によるダメージを無くすことができます。

ダブル編みは肌に直接触れる面積を少なくすることでチクチクした刺激を軽減し、ハニカム構造は代謝によって分泌される汗を吸水し昇華しやすい環境を作るのです。

ポリウレタンそして特殊な素材PHTは、伸縮自在で体を包み込むような着心地なので就寝中の寝返りにも反発せずに受け流すので疲労がたまりにくいという性質を持ちます。もちろん日常生活で着用しても、衣服の反発による無駄な力が入りにくいので疲れを感じにくくなります。

コンプレッションウェアは運動の負担軽減が目的

日常生活の無駄な動作による負担が蓄積することが、翌朝の疲れになる原因です。その疲れを解消するためにニーズが広がっているリカバリーウェアですが、動作で生じる負担を軽減するために需要が増えているのがコンプレッションウェアになります。

リカバリーウェアとコンプレッションウェアはどちらも動作で生じる負担を軽減するのが目的ですが、双方の違いは使う場面にあるのです。コンプレッションウェアは、日常生活にも着用することはできますがどちらかというと運動中に使うことを念頭に置いています。

運動は健康につながりますが、注意しなければならないのは運動によって起きる関節痛です。関節痛の多くは、体の姿勢が悪いことが原因で無駄な力が関節部分にかかりすぎることで蓄積したダメージが表面に現れることで発症します。仮に安静にして治っても、体のバランスが悪いままだと再発してしまうのです。

そこでコンプレッションウェアは、体に適度な圧力をかけることによって体の姿勢のバランスを正常に近い状態に矯正します。正常に近い状態になれば、動作をしたときの圧力が適切な形で分散されるので関節への負担が軽減するのです。

さらにコンプレッションウェアの素材は伸縮自在なので、動作を行った時の生じる衝撃もある程度吸収してくれる性質を持ちます。そのため着用して運動をすれば、何も着用しないで運動するよりも疲労の蓄積が少なくなるのです。

用途に合わせて使い分けをすることが重要

リカバリーウェアとコンプレッションウェアは、人間が動作を行う時の生じる負担を軽減するという観点では同じです。リカバリーウェアは運動中の負担軽減が目的ではなく、日常生活における動作で負担にならないように休養中に着用することで回復を促進しやすい環境づくりが目的です。

コンプレッションウェアは、日常生活で着る場合に適度に締め付けることで体の姿勢を矯正し腰痛や肩こり等を予防するのが目的です。伸縮自在の生地を使うことによって運動中の衝撃を緩和するので、関節への負担が軽減し怪我の防止につながります。

疲労回復と怪我の予防という違いがあるので、やはり結論から言えばどちらも双方を保有して使い分けるのが大事です。疲労の蓄積だけでなく体の姿勢が悪いことによる関節痛の予防は重要なので、日中の生活で着用するときにはコンプレッションウェアを着用して衝撃を吸収し怪我の予防を行います。

ただコンプレッションウェアは疲労の過剰な蓄積を予防しますが、完全に疲労の蓄積を防げるわけではないです。疲労を回復させるためには適切な食事と就寝だけでなく、日常生活でも無理な姿勢をしないような形で安静にするのが一番です。そこで外出先から帰宅した時にリカバリーウェアに着替えることによって、衣服の反発を無くし快適な環境を身体に与えることができれば疲労回復につなげられます。

 

行動意欲を低下させてしまう原因は、前日の疲労が残っているからです。疲労の原因として多いのは体に無駄な力がかかり過ぎるのが理由のため、無駄な力を分散させてあげることが疲労を無くすことにつながります。そこでコンプレッションウェアを着用して無駄な力を分散し、リカバリーウェアで衣服によるストレスを緩和することで疲労回復につなげられるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧