コンプレッションウェアの購入を検討中の方必見!おすすめのコンプレッションウェアブランドを比較ランキング形式でご紹介!

コンプレッションウェアとは?歴史や期待できる効果を知ろう!

公開日:2020/01/24  最終更新日:2020/01/28

ここでは、コンプレッションウェアとはどのようなものか、その歴史、着用時の効果についてご紹介します。

コンプレッションウェアとは?その歴史について

コンプレッションウェアとは、伸縮性の高い生地を使用した着圧ウェアを指します。スポーツやトレーニング時の身体サポート用のツールなどとして、身体に適切な圧力をかけて、筋肉の動きをサポートしてくれる優れものです。

コンプレッションウェアの歴史はまだ浅く、世界で初めて発売されたのが1991年です。初めて発売されたものは”CW-X”という、ワコール人間科学研究所の独自のテーピング理論を元に開発されたものでした。

その後の1998年に、スポーツパフォーマンス向上を目的とした”UNDERARMOUR”がアメリカで発売されました。これ以降、コンプレッションウェアは身体サポート機能を重視した製品が増えてくるようになり、主にスポーツ選手やスポーツ愛好家の間で広がっていきました。

また2009年には、疲労軽減や運動サポート用の”SKINS”や休養専用のコンプレッションウェア”VENEX”が発売されており、運動中以外に使用するコンプレッションウェアが発売されました。現在はコンプレッションウェアは運動中から運動後に使用する製品が主流です。

ですが以前と比較するとスポーツ以外にも、日常生活で使用できるコンプレッションウェアも出てきています。

近年ではスポーツ時のパフォーマンス向上やケガ予防が図れるだけでなく、疲労の軽減や姿勢矯正、むくみ軽減など、運動以外にも日常生活でも使えるコンプレッションウェアも選べるようになっています。目的や重視する機能、使用する場面などに応じて、自身に合った製品を選びやすくなっていると言えますね。

着用することで期待できる効果

コンプレッションウェアを着用することで、体の部位ごとに適切な圧力をかけてくれるため、状況に応じて筋肉の動きを最適な動きに調整してくれるのです。そのため、様々な効果が得られます。また着用時の効果として挙げられるのは、「疲労軽減・回復」「パフォーマンス向上」「けが予防」「速乾」「姿勢矯正」が挙げられます。

「疲労軽減・回復」は、筋肉の動きを調整して動きを活発にするため、血流が良くなることを指します。血流が良くなると、栄養分を身体に運んでくれるようになり、疲労の元である老廃物も減らしてくれます。そのため、疲労を感じにくくなり疲労回復効果が見込めるのです。

また、コンプレッションウェアではないですが、脚のむくみを解消する着圧ソックスもその原理を利用した製品になっています。

「パフォーマンス向上」は、筋肉の動きを体の部位ごとに適切にコントロールしてくれるため、スポーツ時のパフォーマンスや動きが改善されることを指します。コンプレッションウェアは、パフォーマンス向上に必要なパワー、スタミナ、コントロール、安定性をサポートしてくれます。

運動に必要な身体能力を整えることができるため、パフォーマンスが良くなるのです。

「怪我の予防」は、運動時のけがを防いでくれることを指します。ランニングなどの運動時は、身体の補強やけが予防、またけがを負った際の悪化防止を兼ねて、関節や筋肉をテープでテーピングする人が多いと思います。

但し、通常のテーピングは時間が掛かってしまったりなどのデメリットもあります。ですが、コンプレッションウェアを着ることで、テーピング機能も兼ね備えることになるため、別途テープでのテーピングが不要になります。

時間の節約ができるのは嬉しいですよね。

「速乾」は、運動でかいた汗をすぐに吸収し乾かしてくれることです。コンプレッションウェアにはブランドや製品ごとに様々な機能が付いていますが、速乾機能が付いている製品もあります。

速乾機能を持っているコンプレッションウェアを着用することで、夏で気温の高い日に運動をしても、汗が残ることの不快感を減らしてくれます。

また、汗の速乾機能だけでなく、冷感仕様や防寒仕様などの製品もあるようです。季節毎の気温に応じた製品も使えると、1年中快適に運動ができそうですね。

「姿勢矯正」は、着圧で背筋を伸ばして腹筋と背筋を支えるため、骨盤や体幹が整えられて姿勢が矯正されることです。姿勢を矯正することは、運動時のフォームも改善されるため、走る際のフォームが綺麗になります。

特に陸上競技に関しては、タイムの大幅短縮にも活用できそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。コンプレッションウェアの特徴や効果を知ることで、コンプレッションウェアに興味を持ってもらえたら幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧